Fortgs Asset Develop

UnityでAssetを制作して販売したい一般男性です。

1千万円集める2Dゲーム「Cash Fighter」(portfolio)

Alienware Zone主催の、東京ゲームショウ2019への出展資格を賭けたインディーゲームコンテストに応募するため、2Dゲームを開発中である(現在も開発中)。

 

ゲーム名:「Cash Fighter」

f:id:pasokonn-c:20190731164226p:plain

 

紹介動画

youtu.be

 

 

 

世界観・あらすじ

福沢諭吉から大学設立のための資金集めを頼まれた主人公が、ダンジョンで宝石や外貨を獲得したり、手に入れた外貨を変動する為替レートの中でお得に日本円に両替するなどして、所持金1千万円を目指す、というゲーム。

f:id:pasokonn-c:20190731164515p:plain

 

制作ツール:Unity、GIMPBlender

制作期間(現時点):13日間

 

ゲームの制作に際し、経済やお金の動きについて学ぶきっかけとなれるよう、幾つかの点にこだわった。

 

①過去の経済事件へのイメージが沸く

f:id:pasokonn-c:20190731164239p:plain

f:id:pasokonn-c:20190731164329p:plain

(ステージは制作中のもの)

過去の大きな経済危機や出来事(ニクソンショックビットコインの急騰など)の際の為替レートをステージのモチーフとし、それぞれの高低差に応じて出現する敵キャラクターやアイテムを変化させることで、当時の経済的状況をプレイヤーがイメージできるようにしている。

 

②外国の通貨への興味が起こる

f:id:pasokonn-c:20190731164247p:plain

 f:id:pasokonn-c:20190731164237p:plain

資金調達の手段として、直感的に操作して楽しめる探検モードに加え、資産を「増やす」外貨両替モードを実装した。同モードでは複数の通貨の間での両替が、現実世界よりもスピーディに体験できる。またクリア後、ホーム画面に様々な国の通貨が降ってくるようになり、それらはクリックすることでコレクションすることができる。コレクションを増やす中で気に入った外国のコインやお札ができれば、プレイヤーは今後その国に良いイメージを持つだろうし、いつか旅行に行くかもしれない。

 

③分からない用語を調べられる

f:id:pasokonn-c:20190731164253p:plain

ゲームには、簡単な辞書機能を持たせた。これによりプレイヤーは、ゲームのプレイ中に出てきた経済用語が分からない時などに、経済に関する知識を深めることができる。


制作期間があまりなかったこともあり完成度は8割ほどで、実装できていない機能も多いが、遅くとも8月中には完成させたい。